外線工事

外線工事とは送配電線ならびに屋外変電設備などの屋外に設置される工作物を施工する工事を言います。

私たちはこれらの設備の新設工事、更新工事に加え、災害や事故が発生した際の緊急対応をしています。

外線工事の作業風景(株式会社鳴和電気商会)

電柱の建て込み工事

電柱建込工事は外線工事をする上でも基礎となる重要な工作物で電柱間に高圧線を架設したり、電柱に開閉器や変圧器などの設備を装着します。
今後は半世紀前以上に建てられた電柱の建て替え工事が始まり、電柱建込工事は多くなることが期待されています。

外線工事の作業風景(株式会社鳴和電気商会)

トランスの吊り替え

トランス(変圧器)は高圧で送られた電気を100Vなどの電圧に抑える設備です。
古くなったトランスやお客さまの電気設備の増加などにより、トランスを取り替えることで電気を安定的に使用することが出来ます。

外線工事の作業風景(株式会社鳴和電気商会)

高圧電線の張り替え

屋外にある高圧電線は年月の経過とともに劣化します。
このため、定期的な張り替えを行うことで停電事故などを未然に防止しています。
またお客さま電気設備の増加による張り替えなど、街の発展とともに強化されます。

外線工事の作業風景(株式会社鳴和電気商会)